井の中の蛙大海を知らず

雑魚が成長する日記(予定)

[第3回真皇杯東海予選]Bブロック1位抜け決勝T1落ち

初めまして、かえるといいます
今回初めて構築記事を書くので拙い文章になるかも知れませんが最後まで見ていただけたら幸いです
 
今回使った構築はこちら

f:id:kaerukaeru13:20170718133234p:plain


~個体解説~

f:id:kaerukaeru13:20170718133748g:plain

ボーマンダ@メガ石   特性:威嚇→スカイスキン
恩返し/龍の舞/羽休め/身代わり
意地っ張り
実数値 185(116)-189(132)-101(4)-x-103(20)-150(236)
このパーティーで唯一のメガ枠。六世代からそのまま持ってきたので調整意図は覚えていない。唯一のメガ枠なのに今大会では1回も選出しなかった。しかし後で全く懐いていないことに後で気づいたので選出しなくてほんとによかった。

f:id:kaerukaeru13:20170718142721g:plain

ホルード@突撃チョッキ   特性:力持ち
恩返し/電光石火/蜻蛉帰り/地震
意地っ張り
実数値 175(116)-118(252)-98(4)-x-114(132)-99(4)
テンプレのチョッキホルード。このポケモンは結構前から使っていたので信用していたが結局1回しか選出しなかった。しかも選出した試合が予選で唯一の負けだったので余計に悲しかったです。また格闘Zボルトや水ZミトムなどのZ技で簡単に崩壊するのであんまり環境にも合わない気がしました。

f:id:kaerukaeru13:20170718144659g:plain

ゲッコウガ(NN:D4C)@こだわりスカーフ   特性:変幻自在
蜻蛉帰り/悪波/冷B/ダストシュート
無邪気
実数値 147-116(4)-87-155(252)-x-191(252)
このパーティー唯一のNN持ちにして今回のMVP。このパーティーは相手の初手ゲッコウガがキツかったので蜻蛉から入って裏のホルードの石火圏内に入れる立ち回りをしようと思っていがレヒレでもなんとかなった。ほぼ負け確定のめちゃくちゃ大事な場面で悪波2連怯みや冷Bで4回連続凍らせて動かせないというD4C(いともたやすく行われるえげつない行為)という名に恥じない動きをしてくれた。6試合選出して全て活躍しパーティーを勝ちへ導ていた。一生使う。あと1人だけジョジョネタのこのNNに反応してくれる人がいて嬉しかった。
元ネタ

f:id:kaerukaeru13:20170718150023j:plain

ドジャアア~~ン

f:id:kaerukaeru13:20170718150517g:plain

カミツルギ@気合の襷   特性:ビーストブースト
剣の舞/リフブレ/聖剣/辻斬り
実数値 135(4)-233(252)-151-x-51-177(252)
初戦で襷を盾にして三タテして流れを作ってくれたポケモン。でもその後は簡単にマンダに受けられてしまい散々でした。1段階上昇辻斬りが急所でマンダに4割くらいしか入らなくて悲くなった。辻斬りはサイコカッターや恩返しにした方が良かったなと思った。

f:id:kaerukaeru13:20170718153409p:plain

カプ・レヒレ@オボンのみ  特性:ミストフィールド
ムンフォ/なみのり/自然の怒り/黒い霧
実数値 175(236)-x-165(120)-116(4)-166(128)-108(20)
S1から調整を変えずに使っていたポケモン。硬いし強いし使いやすい。しかしバトン軸にビビって挑発を黒い霧に変えたのがものすごく仇になってしまった。挑発なら決勝T1落ちしてなかったのでほんとに後悔している。調整先は主にパルシェンやポリ2意識。

f:id:kaerukaeru13:20170718154848p:plain

ヒートロトム@ホノオZ   特性:浮遊

オバヒ/10万/ボルチェン/めざ氷
実数値 157(252)-x-126-172(252)-128(4)-106
このパーティーのZ枠。マンダを見てでてくるテッカグヤマンムーボルトロスやコケコなどなど有利対面でZをぶっぱなして裏に負担を与えようって魂胆のポケモン。こいつとレヒレでサイクルを回しつつゲッコウガカミツルギで抜いていくのが強かった。10万vは打つことがないので毒毒やイカサマとかでよかった。

~最後に~
今回このパーティーで真皇杯東海予選Bブロックを6-1という戦績で1位抜けすることが出来てよかった。でも本戦に出たい気持ちが強かったので悔しさも残りました。来年は大学生になるので東海だけでなくいろんな真皇杯予選に遠征しに行きたいなぁと考えています。どこかでお会いしたら仲良くしてください。
ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!